小児の進展観測を残すことが好きです。

お子さんの育ち撮影を残すことが好きです。

懐妊中頃も胎動や自分の病状を覚え書きにつけていて、
お子さんが産まれてからは養育覚え書きに。
常々ひとことですが、今日はこんなことができた、
ここへお出掛けした、怒ってしまった、など、
思ったところ感じたことを書きとめている。
あとで読み返すといった、こんなことあったなぁ?
って思い出して心から。普通全部が
良い想い出になります。

育ちがきつい0年代期は、
身長が計れるバス手拭いに寝かせて
月額ごとにフォトを撮ったり
足形状を取ったりしました。

1年代になったときに12ヶ月分を見返すという、
撮影を残してよかった!といった感動します。

アルバムも無論つくっている。
家屋のPCで自由にやり直し行える
アルバムソフトにおいていて、
スタンプや吹き出し、年月日や申し立てなど、
思いのままにつくれるので楽しんでます!
フォト屋さんで印刷をお願いするのですが、
手元に行きつくと感慨深いものが…。
時間もキャッシュも加わるし大変けど、
頑張ってつくってよかった?とうれしくなります。

お子さんの育ち撮影、これからも記したいだ。レイク 無利息