身は3通年アート部に所属していました。

中学生時世、部活が大好きでした。
わたくしは3通年アート部に所属していました。
イラストを描くことが元々好きで、四六時中どこかに出かけてはイラストを描いていました。
勉強の催し物では、アート部の作を公表する機会が何度かありました。
体育フェスティバルや合唱祭では横断幕を形作り、文化祭では体育館にステンドグラスを飾りつけました。
メンバーは20奴ほどいて、みんなで一つの作を作りあげるのが何よりも楽しかっただ。
一番日記におけるのが、夏場の作展に自分の作を飾れたことです。
わたくしはイラストが苦手で、1クラスの時は飾らせてもらえませんでした。
そしたら、絵講義に通ったりして、自分のイラストのメソッドを上げる集中をしました。
そうして、2年生の夏に初めて認められ、やっとの思惑で考え方を達成できた場合、正に嬉しく思いました。
また、部活といえばベテラン後輩関係が難しいという印象でしたが、アート部だけはそんな堅苦しい印象を払拭しようと思い、後輩は休日に一緒に遊んだりしていました。
今でもアート部で過ごした3年間の日記は私の宝だ。http://www.worldonenesscenter.com/